ここでは歌に対する考え方をお話しします。ジャンルを問わず関係する事です。
ホントに歌が好きな方や、将来プロの歌い手として活躍したい、現在プロとして歌っている方は是非ご覧下さい。

歌は心?

「歌は心でうたうもの」と良く言われます。これはホントに大切な事ですが、 それが偽りであったとしてもかまいません。
歌をうたう時に、ホントにそう思い、伝えたいと願う事は大切なのですが、 特にプロとしてやっていると、自分の考えとは違う詩を渡される事は当たり前のようにあるでしょう。
でも、作詞者の思いを伝える為には、嘘であっても伝えなくてはいけません。
つまり、そういう「演技」をするのです。
役者は自分自身がそういうキャラクターではないのに、 まさにその人格であるかのように演技をします。
歌もそのように「演技」をしてうたう事は大切であります。

大切なのは説得力

これは私の好みが大きく含まれていますが、 歌にとって一番大切なのは「説得力」です。
歌詞はもちろん、文章、文節、単語や言い回しなどのその歌が持つ意味やイメージを伝える事が大切です。
例えば「や〜めた〜」と言うと投げやりな感じになり、「や!め!た!!!」と言うと強く否定している感じとなります。
文章で伝えられる為に極端な例で書いてますが、このようなイメージを伝えられるかが大切です。
ビブラート」のところでも書いていますが、 ビブラートをかける事に一生懸命な人に、説得力の欠ける人が多く見られます。
上手くうたう事に集中していまい、それ以外がおざなりになっているのです。
普段の生活の中でどうでもいい事はそれほど必死に喋りませんが、 どうしても譲れない事は必死に喋りますよね。
それは本当に大切な事や、自分が思っていることを伝えたいからではないですか?
歌も同じようにそうやって伝える事が大切で、そうする事で「心を打つ歌」をうたえる様になると思うのです。

歌と真摯に向き合う事

漠然と歌っているだけではなかなか上手くなりません。
大切なのは歌と真摯に向き合い、自分のダメなところを知り、考え、ひとつひとつクリアしていく事が必要です。
歌っている時にダメだと気付いたところは繰り返し何度も練習し、 歌っている時に気付かない事は録音して何度も聞き、直していきます。
ひとつの歌を文節や単語毎に何回も何回も練習する。
これが歌と真摯に向き合う事で、そうする事で必ず良くなっていきます。

「この歌は何百回と歌っている」と思っていても、 鼻歌であったり、十分に発声していないのであれば練習のうちには入りません。
これも漠然と歌っているだけなので、それではなかなか上達しないのです。
楽器をされる方なら経験もあると思いますが、 難しいフレーズはそれこそ何千回何万回と練習します。
「弾けている」のではダメで、特に人前で演奏するのであれば、 余裕を持って弾けることが大切だからです。
これを歌で同じように考えてみると、 1つのフレーズを何千回何万回と練習したという経験はありますか?
意外にもそういう練習をされる方はほとんどいないのです。
もちろん回数が多いかどうかは別問題で、 少ない回数でも真剣に取り組んだ上で何回も繰り返し練習する事が大切です。


これまでに述べた事は歌であればすべてのジャンルに言える事です。
私は童謡や演歌、ポップスなど歌であれば多くの場合好きですが、 たぶん一番好きなジャンルはパンクやメタルです。
そういった曲を何度も練習していたので、他の人からすれば「得意なジャンル」と思われているようで、 そういった曲を歌うと「合っている」と言われます。
個人的には童謡の方が得意だと思っているのですが、向き不向きもあるのでしょうね。