上達に必要不可欠な事

ボイトレに限らず、楽器などの練習をするに当たって上達する為に絶対に必要な事は
5分でも10分でもいいので毎日練習する事
です。

他のページでも書いていますが、これは体が忘れないようにする為です。
期間があいてしまうと頭では覚えていても体は忘れてしまいます。
コツコツ積み重ねて少しずつ上げていくべきものが、「やり直し」になってしまいます。
一般的なものではピアノ教室やヴァイオリン教室などのレッスンは、 ほとんどの場合1週間に1度あればいい方で、その時に練習曲などをレッスンするのですが、 大切なのは次のレッスンまでの個人練習で、これをしている人としていない人は当たり前ですが比較にならないほど違ってきます。
特に初歩から始めた場合の伸びしろは元が白紙であるため、練習量によって雲泥の差が付きます。
そしてとても残念な事に、最も大切でありながら最もつまらない基礎練習の段階でやめる人も多いのです。

レッスンなどに通わずに趣味や独学でしている人で「好きだからやっているうちに上手くなった」といった人は多いのですが、 そういった人達に共通するのはやっぱり毎日練習しているという事です。
もちろんほとんどの人は練習と言う意識は無く、好きだからやっているだけの事です。
そして意外にもそういった人達は十分上手くなってから基礎を学んだり、学校やレッスンに通う事もあります。
色々なテクニックができるにもかかわらず、基礎が出来ていないから学びたいと思うようになります。

腹式呼吸や発声などの基礎をしっかりと身に付けることが上達への近道であるのですが、 どうしてもつまらないし練習していても上手くなっているか分からないので、 練習がおざなりになってしまいます。
もし5分でも10分でも毎日練習を続けていたら、 1ヵ月後や半年後には必ず上達してますし、
どんな人でも絶対に上手くなります。


時には休息も必要

毎日長い時間練習しているのに、全然上手くいかない時もあります。 そういった壁は比較的良くあることで、練習して乗り越えられる事もありますが、そうでもない時もあります。

毎日長時間練習していると、必要な筋肉が疲労してしまいます。 これはスポーツ選手と同様で、練習と休息のバランスが大切になります。 特に過度に疲労してしまうと、1日や2日休むだけでは回復できず、 いくら練習をしても上手くいかないどころか前よりもできなくなってしまいます。 一言でスランプと言ってしまうと精神的な部分も関係してきますが、 筋肉疲労は多くの人が陥りやすいスランプの一種です。

そういった場合は1週間など比較的長い日数の間、全く練習をしないことが大切です。
高音域などの練習が多い方は特にそうでしょう。
そして十分回復できた時には、長く練習していなかったにも関わらず、前よりも出来るようになっているのを実感できるはずです。