「歌」のボイストレーニング 2013年8月 -01
このサイトでは主に発声のボイトレに絞って解説しています。
歌におけるボイストレーニングで半分を占めるほど重要だからです。
これは教える側の考えで変わり、中には7割は発声という方もいます。

「歌」自体のボイストレーニングは、こういったサイトを読んで身に付くものではなく、 誰かに聴いてもらい、指摘されることによって初めて気が付くことも多いのです。
つまりボイストレーナーについてもらうことが理想です。
家族や友達に聴いてもらう場合では、的確なアドバイスを得られる事はなかなかありません。

プロを育成するような本格的なボイストレーナーは大体にして厳しいです。
多くの方は理想や信念を強く持っているので、 レッスンなどはどうしても厳しくなります。
ただ、そういった方の下につけば、必ずうまくなります。
厳しい、怖いと思うかも知れませんが怒っているわけではなく、真剣なのです。
どんなことでもそうですが、特に音楽はこの真剣さに温度差があるため、 生徒が真剣にやっているつもりでも、トレーナーの方にとってはそうみえず、熱くなってしまう時もあるのです。

音楽教室などのトレーナーの方は大体はやさしいようです。
これは生徒はあくまでお客さんであるので、レッスン後に「気持ちよく帰ってもらう」ことが大切で、 必ず次回も来てもらうためです。
それでレッスン内容が悪いわけではないのですが、話し方がソフトなので重要なこととそうでないことを一律に同じように語られると、 習う側はどこが重要なのかを自分自身で判断しなければいけない時もあるようです。

学校や養成所に通う場合は前者、市民合唱団などについてくれるトレーナーなどは後者である場合が多いようなので、 それらを踏まえて、習う側はボイストレーナーを選ぶ必要があります。
もちろんそれよりも重要なのは、レッスン以外にどれだけボイストレーニングなどの個人練習しているかどうかなのですけどね。