2012年10月の日記
ボイストレーニングと言えば学校のボイストレーニング科やアナウンサースクール、または個人で教えているものなどいろいろありますが、 都市部に集まっているので近い場合は選ぶほどにあるのですが、 地方になると全くない事も珍しくありません。
これはとあるスクールであった話です。

そのスクールは都市部にあり、大学や専門学校とは違い、養成所と言えるところです。
東京、大阪、京都など日本の主要都市にある為良く知られているので、 周辺の県から通う人も少なくないようです。
年度の切り替えでクラス再編成があったのですが、 そういった時の初日は自己紹介や雑談をする事も多く、 その日も一人ずつ自己紹介をしていました。
その中の話題のひとつにどこから通っているか、どれくらいの時間がかかっているかという話もあり、 1時間以内で通える人が多いのですが、 2時間〜3時間かけて通う人もいました。
さすがに4時間以上かかるとみなさん驚きますし、 しりきに頑張ってるなぁと感心するばかりです。
そんな中、なんと6時間以上かけて通っている人がいたのです。
6時間と言えば東京大阪間を車で移動するほどの時間なので、 もっと近くにスクールがあるだろう、と思われるのは当然の話です。
しかしその人の交通手段はなんと「船」だったのです。

将来の為などで本格的に学ぶ場合はそういった学校に通いますし、 その場合の通学時間が極端にかかるのであれば近くに住むのが一般的です。
ただそれが趣味の範囲になるとなかなか近くに住むところまでは考えにくいですし、 近くにない事を理由に学ぶ事を諦める人も多いのではないでしょうか。
ただ、ボイストレーニングの場合ウェイトを締めるのはやはり個人での練習なので、 基本的な発声練習さえ続けていれば確実に上達します。
熱心なトレーナーの方がスクールで教えていたのですが、
「レッスン時間に発声練習をするなど時間の無駄。これからは各人授業までに発声練習を終わらせておくように」
と言っておられました。
五十音の基礎トレーニングなどは教えてもらわなくても出来る方法です。
近くにスクールがない、ボイストレーナーがいないなどの環境でも、 今はこのサイトなどのようにどういった方法で練習するのか知る事ができるので、 腹式呼吸での発声練習などはどこに住んでいても出来ることになります。